ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   偽りの恋 Ⅴ 

 空は快晴だった。池の水面に爽やかな風が吹く。ただ、日差しは暑い。ボートが横に揺れると、佐藤は顔をしかめる。 「揺れるのが、怖いんだ?」 「ええ、怖いわ。だって、泳げないんだもん」  一瞬、俺の心に邪気が過る。遊び心で、ボートを揺すろうと考えた。 「そっか、でも転覆したら、俺が助けるよ」 「いいえ、もう降りるわ。ね、お願い・・」  佐藤は眉を寄せ、本当に怖がっていると気付く。俺は揺するのを止めた…

   偽りの恋 Ⅳ 

 坂本が現れると、互いに名前を伝えた。 「ほな、金ちゃん行こうか~」 「えっ、どこへ?」  女の子が案内する近くの池らしい。そこは、歩いて行ける場所だ。 「金ちゃん、右の子は自分に任せるからな」  寮生活を始めて直ぐに、俺の名前を金ちゃんと呼ばれるようになった。誰が最初に呼んだのか、俺にも分からない。 「なんで、俺が左の子なんだ?」 「左の子、ちゃうよ。金ちゃんは右の子・・」 「だって、右は自分…

   偽りの恋 Ⅲ 

 夕食が終わっても、誰一人席を外す者はいなかった。この機会に、ぎこちない態度や話し方も薄れ、全員が打ち解ける。歳の差や境遇も関係ない寮の仲間になった。  ただ、それぞれの過去や価値観に対し、決して侵害しない暗黙の了解を俺は感じた。 《海外に生活を求めるには、それなりに理由が有るはずだ。その点、俺は逃避かもしれんな。海外に志を目指す? そんなかっこいいことじゃない。俺のことは、口が裂けても話せない…

   偽りの恋 Ⅱ 

 入学式が終わり、学校の敷地内にある寄宿舎に戻った。二人部屋の同居者は、四国宇和島出身の佐川であった。俺より三歳年上である。二段ベッドが置かれ、佐川が先に上を選んだ。俺も上を望んでいたが、年下の俺は諦めるしかなかった。  同期生は二十人。二十二歳の俺が一番年下で、早稲田工学部出身の海田が二十七歳の年長者であった。  寮は自治制で、寮長に海田が選ばれた。俺は学校との連絡係。雑務だが、気楽な担当で良…

   偽りの恋 Ⅰ 

 人の生き方が違うように、恋も人それぞれに異なる。  恋は甘くほろ苦い。胸が締め付けられ、切ない思いをするものだ。  常に相手の心に切々と迫る。時には、思わぬ相手から切望される。  恋は純粋な心の動き。多々ある恋から粛清されぬものが、愛を成就できる。  だから、恋は神が与えた人間特有の悟性。  ただ、恋には嫉妬心が生まれる。  これは粛清された恋が、悪魔の囁きから修得した知恵である。  悲しい心…

   謂れ無き存在 ⅧⅩⅡ 

 真美と同じく、明恵母さんもオヤジさんの考えを、読み取ってしまう。 「だから、明恵が近くにいるときは、余計なことを考えない」 「そうか、俺も注意しよう・・」  真美が嬉しそうに反応した。俺は背中に寒気を感じる。 「ダ~リン! 残念ね。私は、遠くでも感じるのよ」 「えっ、嘘だろう・・」 「洸輝さん、それは本当よ。真美さんの力は、私より上のクラスなの」 「ど、どうして?」  俺は、焦った。明恵母さん…

   謂れ無き存在 ⅧⅩⅠ 

「確か、前に話したよね。仲の良い三人が、それぞれの子供を結婚させる話さ」 「ええ、聞きました。覚えています」  しかし、三人の選んだ道は、決してまっすぐな道ではなかった。ただ独り残った明恵母さんが、諦めかけていた約束を果たすことになる。それは、俺と真美の母親が、書き残した明恵母さん宛の手紙に関連した。  手紙を読んだ明恵母さんが、オヤジさんに打ち明けて協力を依頼した。俺の居場所は、既に知っている…

   謂れ無き存在 ⅧⅩ 

 駐車場に車を停め、公園の敷地内に入る。林に囲まれ人影が少なく、俺が想像した以上に静かな公園であった。  公園の中心に大きな池があり、その脇に日本風の小屋が見えた。 「お母さん、あれが東屋よ」 「へえ~、本格的で、凄いわね」 「トーマス小父さんも、ボランテアしたそうよ。職人さんの技能が直接に見られて、手伝うのが楽しかったって・・」 「そうでしょうね。日本では、もう簡単に見られなくなったわ。あら、…

   謂れ無き存在 ⅦⅩⅨ 

「はい、読んでみます。それに、欲しいものは、自分で買います」 「なに言ってんの、洸輝にはお金が無いでしょう」  真美が、意地悪そうに言う。でも、直ぐにウインクした。 「はい、はい、奥様。どうぞ、買ってください」  俺は丁寧に頭を下げて、お願いする。真美が笑顔で頷いた。 「あっ、詩もいいかもしれないよ」 「えっ? 詩ですか・・」  俺は学校の図書室で見たことがある。分かり易い詩もあれば、意味難解な…

   謂れ無き存在 ⅦⅩⅧ 

 テーブルの上は、瞬時に皿の山と化した。  食後、男性三人はコーヒーを飲む。真美と明恵母さんは、デザートのフルーツ・パフェを食べている。 「ところで、オヤジさんは神学校へ通ったけど、どうして?」  俺は、気になっていた。 「ああ、運命と宗教は非常に関連している。それを学びたくてね。運命や宿命は人間の力が及ばない。だから、多くの人間が本質を探究してきた。特に、古今東西の哲学者たちがそうだ」  俺の…