ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅠ

「ご免なさいね。早く引き取るべきだった。随分、迷ったの。あなたのお母さんが、迎えに来ると思って・・。あなたが小学生になってから、密かに通い続けたわ」 「ええ、誰だか分からないけど、俺を見ている人がいると感じていた。ある時、仲間のヤッちゃんが、その人に声を掛けたら逃げちゃったらしい」 《俺は母親と思っていた。何故、逃げるんだ。どうして、俺の前に現れないんだ。顔を見たかった。一度でいいから・・》 「…

   謂れ無き存在 ⅢⅩ 

「何を騒いでいるの?」 「洸輝がお母さんって、呼べないらしいの。お母さんは、なんて呼ばれたい?」 「え~、そうね。明恵さんでもいいわ」  真美の瞳が輝く。俺は嫌な予感がした。 「それなら、明恵母さんと呼んだら・・、どうかしら?」 「まあ! 真美らしい発想ね。私は、それでいいわよ」 「それで決まりね。洸輝、そうしなさい」  真美の発想に、不思議と抵抗を感じなかった。俺は頭の中で、幾度も復唱する。 …

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅨ 

「今日は、夕飯までいなさい。洸輝君は、主人と仕事の話があるでしょうから・・。真美は私の手伝いをしてね?」 「もちろん、喜んでするわ。料理をたくさん教えてね、お母さん?」  ふたりは腕を絡ませ、楽しい雰囲気でキッチンへ行く。俺だって、甘えたい気分だった。 《自分の性格に、もどかしく情けない思いだ。屈託ない真美の性格が、とても羨ましく思える。あ~ぁ、お母さん、お父さんか・・》  虚ろな目でぼんやりし…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅧ 

「子供を嫌う母親なんていないはず。あなたの幸せを考え、已む無い気持ちで施設へ預けたと思うわ。私が知るあなたのお母さんは、洸輝君と同じに心が優しかった」 《俺は信じない。絶対に信じない。二十五年間も音沙汰が無いじゃないか。たった一度も顔を見せていない。どんなに苦しい生活をしていようが、嫌いでなければ会いに来るはずだ。子は夫婦の鎹。とんでもない、俺は邪魔な存在なんだ。》  俺は息苦しく、小さな息でさ…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅦ 

「真美、これは俺だけの問題じゃない。俺と一緒にやろう」  彼女は俺の気持ちを理解する。ふたりで他のロウソクを灯す。新しい家族四人は、灯されたロウソクを見詰めた。 「さあ、みんなで一緒に消してから、ケーキ―を食べましょう」  真美が音頭を取って、一斉に息を吹きかける。消えたロウソクから、四本の煙が立ちのぼり絡み合った。その様子を静かに見守る四人。大きく息を吸い其々の肺を満たしてから、ふ~っと吐き出…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅥ 

「それで、いつからお店に来れるかな?」 「明日の朝、バイト先に辞める連絡をして、早めに行けると思いますが」 「そう、分かった。仕事の内容や給料などの話は、その時にするね」 「はい、宜しくお願いします」  座ったまま頭を下げた。本当に働けるんだと思うと、喜びに心が揺れる。 「良かったね、洸輝。しっかり働くのね。私のためにも・・」 「ふふ・・、もちろんさ。頑張らなきゃね・・」  真美が奥さんに呼ばれ…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅤ 

「さて、洸輝君の率直な意見を聞こう。どうかな?」  俺の心は彷徨っている。家族の絆が意図する意味を、漠然と理解するも不自然さを感じた。 《家族なんて、なんだ。絆の結び目が解ければ、簡単にバラバラだ。二十数年間、誰も手を差し伸べない》 「ん? 俺には、自分の存在自体が理解できないんだ。何を目的に生まれ、生きて来たのか。俺には、何一つ取り柄が無い。生活を維持して行く根拠も無い。折角家族を手に入れても…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅣ 

 突然に箸を置いた真美が、奥さんの顔を直視する。 「私たちを子供にして・・、お願い」  真美の言葉に、三人の箸が止まる。 「さっき、料理の手伝いをしながら、これが親子なんだろうなぁ、と思ったわ。楽しく幸せな雰囲気に憧れを感じたの」  俺の脳は、真美の言葉に揺さぶられた。 「ええ、私は構わない。あなた、どうする?」 「どうするって、君ら三人が約束したことだよ。友達以上の繋がりを・・。それを見届けら…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅢ 

 俺にとって、家族の絆はゼロだ。求めることもできない。親の顔や性格も知らない。もし、知る機会があっても、俺は断るつもりだ。今更知って、なんの意味も無い。ただ、混迷するだけで、なんの得にもならない。 「先生、家族の絆が運命であれば、絆の無い俺の運命は、どの様に考えればいいのですか?」 「いや、良く考えてご覧、君には大切な施設の仲間の絆があるよ」 「施設の仲間の絆ですか?」 「そうだよ。施設の仲間が…

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅡ 

「私と洸輝の運命は、どうなの? 約束があったから、ママが夢に現れたのでは・・」  真美は夢に現れた母親が、あの講義に参加を勧めたと思っている。 《俺は、自分の過去を知り、自暴自棄に陥っている。このまま生きても、碌な人生が有る訳ない。道に迷い、左右どちらを選んでも結果は同じだ。悪いに決まっているよ》 「洸輝、その考えは良くないわ」  真美は俺の心を読んでいた。彼女が何かを考えているときは、気を付け…