ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅣⅩⅠ 

「もしかして、車の中にいる人かい? 」 「ああ、そうです」 「凄い別嬪さんだね。女優の誰かに似ているなぁ。本当に結婚するのかい?」  社長は疑い、興味津々に車の真美を見る。 「真美! こっちに来てよ・・」  俺は真美を呼んだ。 「社長が、信じてくれないんだ。俺たちの結婚を・・」  彼女は車から降りて、笑顔で挨拶をする。 「初めまして・・、はい、私たちは運命で繋がり、既に結婚しています」  澄まし…

   謂れ無き存在 ⅣⅩ 

 食事をしながら、俺の心を読む真美。涙がホットケーキの上に零れ落ちる。真美が手の甲でふき取り、俺を直視した。 「ねえ、洸輝・・」 「ん?」 「明恵母さんから、お母さんのお墓を聞けるかしら? それに身を投げた場所も・・」 「え、何故だい?」 「だって、あなたはお母さんを恨み、自分の不幸をお母さんの所為にしていた。でも、お母さんの温もりを執拗に追い求めているでしょう?」  確かに、俺の気持ちはちぐは…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅨ 

 腹が減って、我武者羅にハム・エッグを食べようとした。 「オウ、マイ ダーリン! 先に野菜を食べてから・・」  差し出した手を叩き、眉をひそめて注意する。 「えっ?」  俺は一瞬たじろぐ。 「だって、健康は大事よ。長生きしてね。もう、独りになりたくない・・から」 「うん、そうするよ」  俺は素直に頷き、野菜をモリモリと食べ始める。 「これからは、洸輝の健康管理に気を付けるわ。体が弱かったら、私を…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅧ 

 俺は裸の真美を、怖々と抱きしめる。 《これは幻ではない。本当に、現実なんだ・・。この温もり、真美の温もりが愛しい》 「ええ、幻想じゃないわ。漸く・・、独りの生活から抜け出せた。私は幸せよ・・」 「そうさ、これからは独りじゃない。それに、俺も自分の存在を認め、生きる意識が持てそうだ。真美のお陰だよ、ありがとう・・」  真美は軽いキッスをした。 「お腹が空いたでしょう? 朝食を用意するからね・・」…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅦ 

「君は、このことを知っていたのかい?」 「ええ、知っていたわ。でも、運命の人があなたとは分からなかった」  確かに真美の言うとおりだ。偶然としか思えない。 「そうだね。この二日間が目まぐるしく感じる。精神的に参ったよ」 「洸輝・・、メランコリーにならないでね。心配だわ」 《メランコリー? あっ、そうか。うつのことか・・》  真美の瞳が俺の瞳を捕らえ、掴んでいる俺の手に軽く唇を寄せた。あどけない顔…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅥ 

 明恵母さんが懐妊した喜びを、手紙に認め送ったらしい。俺の母親についても、書かれていた。ただ、三人の交流は徐々に薄れ、便りが遠退く。真美の母親は、寂しさを日記に綴るようになった。  その後、懐妊した真美の母親が、ふたりの親友宛に報告の便りを送る。だが、返事が来ない。  数か月後に、漸く明恵母さんから返事が届く。逸る気持ちで封を開けると、思いも寄らぬ内容が書かれていた。  便箋を持つ指が震え、友の…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅤ 

「あ、あ~、真美・・」  真美の後ろ姿を見ながら、今の俺には彼女の温もりが必要だと感じた。いや、単なる温もりではない。彼女が愛しい存在となった。 《待てよ。これでは真美の思い通りだ。冷静に、冷静にならねば・・》 「いいのよ。冷静にならなくても、私が必要なんでしょう」  部屋から戻った真美が、微笑みながら俺の心を読んでいた。 「はい、これを読んで・・」  使い込んだ皮表紙の日記帳を、俺に差し出す。…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅣ

「防寒具だなんて、可笑しな表現だね。確かに温かいよ」 「でしょう~。気にいったかしら」  ますます密着する。 「勿論さ。最高級の防寒具だ! アッハハ・・」 「うふふ・・」 「ところで、明恵母さんの秘めた過去だけど・・」  室内に流れていた和やかな空気が、一瞬に滞り真美の顔が沈む。俺の左手は、彼女の小さな肩を抱き寄せる。真美は小さく頷き、小声で話し始めた。 「出産間近だったお母さんは、悪質な悪戯の…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅢ

 半時後、別れを告げ箕郷に向かった。  運転する真美が、前方に注意を払いながら、意外なことを俺に告げる。 「ねえ、洸輝。実は・・、お母さんの心が、読めてしまったの。お母さんの心、とても悲しく辛い過去を持っている・・わ」  俺は信じられず、真美の横顔を見詰めた。彼女の頬に涙が零れ落ちる。俺は咄嗟に右手の人差し指でそっと拭く。その濡れる涙に、何故か俺はまごついた。ほんの僅かな沈黙が、とても長く感じて…

   謂れ無き存在 ⅢⅩⅡ 

「でもね、お母さん! 不思議なことに、これは急に感じたの。それも、洸輝だけよ」  真美は俺の顔を見ながら、明恵母さんに打ち明ける。 「あら、そうなの・・。私も初めて主人に会ったとき、主人の心が読めたわ」 「えっ、嘘だろう? 本当かい?」  オヤジさんが、素っ頓狂な声を上げた。 「うふふ・・、本当よ。でも、今では読めなくなったから、心配しないで」 「な~んだ。良かった」 「あら、読まれては困ること…