ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   偽りの恋 ⅡⅩⅤ 

 浅黄色の封筒から、丁寧に畳まれた便箋を取り出す。
 俺はドキドキしながら広げた。優しい文字が、踊るように書かれている。
『ほんの僅かな間だったけど、あなたに会えて良かったわ。弟のような、彼氏のような。どちらでも構わない。身近に話せた男性は、あなたが最初で最期の人。ありがとう。
 やりたいことが沢山あったわ。もちろん、外国旅行も行きたかった。でも、無理だった。死んだら、何もできないもの。残念だわ。
 金本君、長く生きてね。そして、夢を叶えようと思ったら、左右に折れず迂回せず、真っ直ぐ前を見るのよ。私の分まで、頑張って!』
 便箋の数か所に、滲んだ痕跡があった。短い彼女の人生を悲哀に思い、涙に残したのであろう。
 翌朝、長谷川さんの死を知らされた。
 病院の安置所に眠る彼女。俺は別れを告げる。
「そうだね。たった一度の人生だ。夢を叶えるべきだと思う。ありがとう、長谷川さん」
 その一週間後に、ようやく退院が認められた。
 仕事に復帰できるも、以前のような活力が見いだせない。心にわだかまりが残り、体が重く感じる。
 一ヵ月後、会社に退職願を出した。職場の仲間から反対されたが、俺の強い意志に降参する。
「自分の夢を求めたいんだ。簡単じゃないけど、諦める訳にはいかない」
 俺の生活が不安定になる。あの人も心配した。
 当時の俺は、どちらかと言えば恋に猛進していた。それが、入院生活と長谷川さんの死が、俺の歯車を変えてしまったようだ。
「会社を辞めて、どうするの?」
「うん、外国へ行くつもりだ」
「私は、どうすれば?」
 そう、俺は卑怯だ。恋だ愛だと俺は騒いだ。それでいて、あの人の心を傷つけている。
「もちろん、一緒に・・」
 俺はあの人の気持ちを理解していない。
「それは、・・・」
 徐々に二人の溝が深まる。俺は両方を求める身勝手な行動に出てしまった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。