ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅦⅩ 

 そこへ明恵母さんとオヤジさんがやって来た。
「初めまして、真美の母です。それに父です」
「まあ、本当に? メッチェンは幸せになったのね」
「はい、私たちもです」
 先生夫婦と母さんたちは、意気投合したようだ。俺は真美に呼ばれ、トーマス小父さんと三人で話し合う。
「洸輝、明日はママのお墓に行くけど、そこで結婚式をしたいの」
「え、結婚式?」
「そうよ、嫌なの?」
 俺は驚いたが、彼女の望むことなら反対はしない。
「賛成だ! 素晴らしいことだと思うよ」
「やっぱり、マイ ダーリン、 アイ ドウ ラブ ユウ!」
 彼女は、俺の首に腕を回し抱きついた。頬を、鼻を、額を、そして、口にキッスを繰り返す。
「コウキ、アイ ザ セイム トウ ユウ!」
 大きな体のトーマス小父さんが涙を流し、俺を抱きしめ頬にキッスをする。
「真美! 小父さんは、俺に何を言ったんだ」
「それはね、私と同じに洸輝を愛しているって、言ったのよ」
 理解した俺は、トーマス小父さんをハグした。彼は、再び俺を抱きしめる。真美の友達も集まり、俺はハグを繰り返す。
 初めて訪れた国、真美の育った町。不安だった俺は、幸せを感じることができた。
《いつもすれ違い、掴めなかった幸せがここにある。真美と偶然に会い、真美に引き寄せられ幸せだ》
 真美が体を摺り寄せ、小声で呟いた。
「偶然ではないの。それに、私が洸輝に引き寄せられたのよ。ダーリン・・」
 彼女の瞳は、俺の軽い脳をノックアウト。俺の体は武者震いを起こす。
 楽しい食事会は終わり、再会を約束して解散した。俺と真美は、明恵母さんとオヤジさんを階上のティー・ラウンジに誘う。お茶を飲みながら、明日の結婚式のことを伝える。
「私は、二人のために日本でやる予定でいた。うん、これも悪くはない話だ。明恵、そうだろう?」
「ええ、いいアイデアね。真美のお母さんが、喜ぶと思うわ」
「ありがとう、お母さん。お父さんもね」
「いいのよ。メッチェンが喜ぶなら・・」
 明恵母さんが、真美の英語名を使ったので、全員が楽しく笑った。
 話を終え、それぞれの部屋に戻る。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。