ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 Ⅹ 

 ふたりは話のことを忘れ、気持ちを料理に向けていた。
《この家庭的な雰囲気は、俺にとって無縁な環境だったな。望むことさえ考えていなかった》
 俺は鍋の茹るパスタを見詰め、幸せの味を考えていた。
《甘い、辛い、それとも苦いのだろうか。小さい頃は、味なんて考えてもいなかった。施設の仲間とたらふく食べることが、大きな幸せと感じていたよな》
「コ・ウ・キ、これからは、私と一緒に幸せの味を楽しみましょう。ねぇ、いいでしょう?」
 俺は驚き、隣の真美の顔を見る。彼女はまな板の野菜に目を置き、手は動いていなかった。俯く顔から涙が零れ、真美の手元に落ちてゆく。俺は咄嗟に小さな肩を抱き寄せる。彼女のいじらしさが、俺の心に愛しい感情を芽生えさせた。
《これが、愛の感情なのか? 不思議な感情だ。心身が熱く感じる》
 パスタを茹でる鍋が吹き上げ、俺は慌ててガスを弱火に切り替えた。
「危ない、危ない・・」
「クックク・・。フフ・・、あ~、可笑しいわ」
「俺の、何が可笑しいのさ。変なことをやったのかな?」
「だって、真剣な顔で私を見ていたのに、急に目を大きく開けたのよ。すごく面白い顔だったわ。ふふ・・、思い出しちゃった。うふふ・・」
「あっ、そう。こんな顔だった!」
 俺がその時の真似をする。真美は目を見開き、俺の顔を見ると大声で笑いだした。
「あっはは・・、ワハハ・・、もう、止めてよ・・。アハハ・・」
 ふたりして笑う。俺は目の前の真美を抱きしめたが、彼女は胸の中で笑い続ける。しばらくして、笑いが収まり静かになった。だが、真美を支える腕が、小刻みに震える彼女の体を感知した。
《俺はもうダメだ。図らずも、完全に真美の虜になってしまった》
 狂おしい思いで彼女の頭を抱き、己の胸に押さえつける。真美も腕を回し、彼女の熱い体を俺に強く寄せた。
《愛おしい、恋しい、もどかしい、狂わしい、この心の切迫感は、なんだ? あ~、切々と胸に迫る思い》
「洸輝、お腹が空いたね。笑ったり泣いたりで、忙しかったもの・・」
「うん、そうだね。冷めたら大変だ。早く、食べよう」
 ほのかに湯気が上がるナポリタン。真美が用意したサラダ。俺にとって、それは十分な家庭料理だった。
「はい、食べなさい」
「えっ、・・・」
 フォークに刺したサラダを、俺に差し出す。俺は口を開け、一口で食べる。
「あっ、オリーブ・オイルが美味しいよ」
「本当に? 良かった・・」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。