ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅩⅠ 

 俺は、間違いなく夢の中にいる。ナポリタンの味がする夢の中だ。こんな夢物語が、現実に在り得る訳がない。
 たった数時間前に出会って、愛を語り。初めて抱く女性の体。官能的なくちづけ。
《夢なら覚めないで欲しい。真美が幻でなく、本当の真美であって欲しい》
「洸輝、ねえ、洸輝! どうしたの? ボーっとして」
《あっ、声がする》
 真美が俺の鼻を二度ほど小突く。
「ん? なんだ? 俺は・・」
「頭が変になったの?」
「あれ、夢じゃなかったんだ。良かった~」
 俺はホッとした。目の前の真美は、現実の真美であった。
「あれ、俺の心を見ていなかったのか?」
「いいえ、これから話すことを考えていたの。あなたは、何をボーっと考えていたのかしら? 教えてくれる」
「ん~、夢の中にいると思った。真美は幻で、現実ではないと・・」
「まあ~、変な人ね。じゃあ、あの甘いキッスは、幻なの?」
 真美はテーブル越しに顔を寄せ、唇を差し出した。その柔らかく愛しい唇に、俺は素直に自分の唇を寄せる。彼女は俺の唇を、可愛らしいキッスで軽くチュッ、チュッと吸った。
「どおかしら、幻だった?」
「いや、本物だったよ。ナポリタンとオリーブの美味しい味がした」
 俺はおどけて、先ほどの顔を見せた。
「まあっ、なによ。アハハ・・、ウフフ・・」
 真美は驚くと同時に、大笑い。その様子に、屈託のない素敵な人だと俺は感じた。そして、ずっと一緒に過ごしたいと願う気持ちが、鮮明に浮かび上がる。
 俺の真剣な眼差しに、真美の笑いは止まる。彼女も真剣な眼差しを送り返した。
「俺は運命の出会いなんて、一度も考えたことが無かった。況してや、君のような素敵な人と結婚することも・・。確かな将来が見えず、今の生活は諦めに近い状況だ。もし、結婚できたとしても、愛だけでは幸せが築けない。あっという間に、ふたりの愛は崩壊するだろう」
「・・・」
「でもね、真美。俺は真美の運命を信じ、愛を信じ、真美を離したくない。ずっと一緒に居たいと願っている。だから、確かな将来を探す。どんな障壁があっても努力するつもりだ」
「・・・」
「君だって、ただ運命だから結婚する。そんな考え、本当は持っていないはずだ。運命は一つのチャンスに過ぎない。ふたりの結婚は、両方の明確な存在感が必要だと思うよ」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。