ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   恵沢の絆   Ⅲ 

 東京オリンピックの年。カラー・テレビが話題となり、我が家もソニーの最新型に買い替えた。母はカラー番組を楽しみに、頻繁に外泊許可を得ては帰って来る。
 残暑が厳しい彼岸の一週間前。外泊した母が真剣な眼差しで、兄に心情を訴える。
「佐一郎や! 今度のお彼岸に・・、お墓参りへ連れてっておくれ。お願いだよ・・」
「具合が良くないのに、無理して行くことはないだろう・・」
 扇風機の風を受けていた父が、無愛想な言い方をした。
「いいよ、分かった。連れて行くよ。仕事も一段落しているから・・」
 兄は、母の落胆する顔を見て、気持ち良く快諾する。母の顔が明るくなった。
「そうかい、済まないね。あ~良かった。お前も一緒に行くかい?」
 母は微笑みながら、私の顔を見て誘う。私は喜び、姉を誘った。
「もちろんさ。姉ちゃんも行くよね? みんなで一緒に行こう」
「オヤジさんも行けば・・。仕事のことは、気にしなくていいから」
 兄が父を誘う。私は父の顔色を横目で窺う。祝日であっても兄の印刷工場へ出向き、ひとりで気兼ねなく仕事をしていた。
「じゃあ、行くかな・・」
 照れ臭そうに答える。姉が驚き、私の顔を見た。私と姉は、顔を見合わせて喜びの声を上げる。久々に家族全員で笑うことができた。一番大きな声で笑ったのは、兄である。
 お彼岸の当日、兄が運転する車の後部座席に、私は母と姉に挟まれて座った。母は、私の手を握った。助手席の父は、前方に目を向け黙って座る。小さな空間に家族五人が一緒にいることは、とても奇妙で新鮮な喜びを味わう。幸せであった。
「母ちゃん、もうすぐオリンピックだね。開会式の日は、家に帰って見るんだろう?」
「そうだね。先生から許可をもらうよ」
 その時、母の手がとても熱く感じた。
「母ちゃんの手は、すごく熱いね。どうしてだい?」
 すると、姉が母の手に触れ、確認する。
「本当だ。母ちゃん、大丈夫なの? 今朝、ちゃんとお薬を飲んだ?」
 その声に反応した兄が、急ブレーキを掛け路肩に車を停めた。
「大丈夫だから、早くお寺へ行っておくれ」
 母は真剣な眼差しで、切望する。
「いや、引き返そう。いつだって、いけるから。そうしよう」
 兄が運転席から半身になり、母を説得する。心配な姉は、母の手を片時も離さず、兄の言葉に幾度も頷く。
「お願いだよ、佐一郎。後生だから渋川へ・・」
 母の顔が、悲しみに歪んだ。
「一週間も前から、楽しみにしていたんだ。行けばいいじゃないか!」
 母の切なさを心に受け止め、私は兄に反発した。
「お前は黙っていろ!母ちゃんが死んだら、お前だって嫌だろう!」
 初めて見る兄の剣幕に押され、私はたじろぎ言葉を失う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。