ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 フィナーレ 

《最後まで読んでくれて、ありがとう。物語の続きは、自由に想像しても結構だ。ワシは無事にゴキ江の許に帰れた。
 その後、小笠原諸島の父島へ移住し、愛する妻と楽しい日々を過ごしている。ただ、歩き回ることは困難だ。そして、ワシの息子黒ピカのことを、懐かしく思い出している。
 えっ、息子が何をしているかって? ヤツは成田国際空港で別れ、そのままハワイへ旅立った。今ごろ、ワイキキの浜辺で昼寝でもしていると思う。
 何? 父親であることを、打ち明けたか知りたい? しつこい人間だな。実は、ヤツは知っていた。黒ピカを育てた仲間が、それとなく伝えていたらしい。
 成田国際空港に到着すると、突然にワシを抱きしめ、耳元に囁いた。
『オヤジ・・、ありがとう。オヤジから貰った命を大切にするよ。オイラの家族を忘れていなかったこと、感謝する。嬉しかった』
 ワシはびっくりして、何も答えられなかった。ワシは体が動かせず、立ち去る後ろ姿を追うことも叶わなかった。
 この物語を読んで、ワシらの気持ちを理解できたかな。わぉ~、無理だって? 好きになることは、決して無い? そう、分かりましたよ! 虫のいい話をするなって、言いたいのだろう。
 それでは諸君、アディオース。永遠にサヨウナラだ。バイ・コン・デウス(神のご加護を)》

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。