ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅡⅩⅡ 

「あっ、あれは口からの出任せです」
「ほ、本当か? ワシは知らんぞ。あの豊満なメスの怖さ・・。あ~ぁ、おぞましいことが起こりそうだ」
 ワシは鳥肌が立つ。この旅は、何故か鳥肌が立つことばかりだ。
「なんですか、マダムとの約束とは?」
 ゴキジョージが不思議な顔で聞き、触角をピィーンとアンテナのように立てる。
「いや、ここへ来る前に出会った、横浜のマダム・イヤーネのことさ。渡航する船を教えてもらうために、交換条件で、オイラが下働きになる約束をしたんだ。嘘も方便だよ」
「でもな、年をとったメスは軽く考えるな、特に豊満なメスは・・。若いオスにギラギラと目を輝かせ、ジッと見るときは危険だ。心配だなぁ~」
 ゴキジョージが心配して、黒ピカをハグする。ワシも甘く考えていたが、やはり相手は名立たる横浜のマダム。黒ピカが心配だ。
「そうだよ、黒ピカ。とっさの判断は素晴らしかったが、慎重に考えた方が良さそうだ」
「そうか~。じゃあ、マダムに許可を得てから、ハワイへ遊びに行くよ」
「オッケイ、楽しみに待っているからな」
 壇上では、オーストラリア代表が報告している。この次が、ワシの番であった。
「次は、リーダーですね。準備は?」
「話すことは、全て頭の中に叩き込んである。安心しろ」
「やはり、リーダーを尊敬します。オイラの脳は小さく叩き込めないから・・」
 一旦、休憩になる。船の仲間が黒ピカを中心に集まり、賑やかなグループになった。マリアブリータが、ワシの傍に寄って来た。
「若いって、羨ましいですね。セニョール?」
「ええ、そうですね。言葉なんて関係ない。しかし、いいよな!」
 ワシは黒ピカを見詰め、羨ましく感じた。
「何が、ですか?」
「うん、若いときに戻り、あの輪の中に入りたい」
「何をおっしゃいますか、セニョールは十分に若いですよ」
 ワシは驚き、マリアブリータの顔を直視した。
「とんでもない! セニョーラ、あなたほどではありません。ワッハハ・・」
 今度は、マリアブリータが驚き、顔を赤らめた。
「あっらま、お世辞がお上手ですこと。セニョール、オホホ・・」
 細く長い触角で、ワシをポンポンと叩く。
「ところで、セニョーラは日本語が達者ですね。どこで習ったのですか?」
「はい、私の棲み処は、日本から移住した人間の家です。そこで覚えました。でも、残飯には困っています」
「どうしてですか?」
「日本の食べ物。納豆? それにタクワン? あれには慣れませんわ」
「アッハハ・・、慣れませんか? ワシのチ―ズ嫌いと同じですね。あれはダメだ!」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。