ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

  漂泊の慕情  Ⅹ

 その夜、私の荷物はそのままにして、彼の部屋で過ごす。ベッドの中で愛を確かめ、少しでも彼の不安を慰めた。
 翌日は、彼の運転で州立公園やマウナ・ケア山などを観光する。彼は歩くとき、常に私の手を携え不安から逃れようとした。私はできる限り甘え、彼の恐怖を和らげようと努める。
 夕日が沈むハワイの海を眺めながら、彼に話し掛けた。
「一緒に住もう? 私が傍にいれば、いつでもあなたを慰められるわ。私が、あなたを守る。だから、安心して帰りましょう・・」
「うん・・、帰ろうか。彷徨い逃げるより、この症状に耐える力が必要だ。その力が君の愛であると分かった」
「そうよ、私もあなたが必要なの。ふたりで原因を探しましょう。必ず治療があるはずよ。そういえば、ハワイ島に来てからは平気なの?」
「うん、そうなんだ。ハワイ島に来てから、何も起こらなかった」
「ハワイ島の火山の神様が、あなたの悪いところを取り除いてくれたのよ」
 その翌日、私たちはハワイ島を離れ、日本へ帰った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。