ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 Ⅰ

《これから始まる物語は、あんたら人間どもが、とても理解できないであろうワシらの世界だ。
 この地球上に、ワシらよりもずっと後に現れた人間どもよ!
 猿人(アウストラロピテクス)から旧人類(ネアンデルタール)、新人類(クロマニョン)に進化してきたと言われているが、ワシらだけが真実を知っている。でも、先祖さまの遺言で教えられない。
 何故なら、美しく豊かな地球を我が物顔に振る舞う人間どもが、許せんからだ。三億年を平和に生きてきたワシらを、常に脅かし苦しめている。ワシらにも夢や青春がある。
 この物語を読み、ワシらの苦悩や恐怖心を少しでも考えてくれ・・。恐らく十中八九無理と思うが、ワシら一族の細やかな願いだ。》


 すっきり爽やかな真夏の夜遅く。
 東京から北西へ百キロ離れた某地方都市。ほの暗い外灯がたった一つ照らす、誰も名前を覚えない小さな公園がある。
 その公園に、人間どもから一方的に嫌われるものたちが、ぞろぞろガサガサと公園に集まって来た。しばらくして、彼らの臨時集会が始まる。
「日々、危険な生活を過ごしている諸君! 今日も無事に参加できたことを、感謝しようではないか。思い掛けない事故に遭遇した仲間には、残念だが、共に冥福を祈ろう。
アーメン!」
「アーメン・・」
「ブツブツ・・」
「なむあみ・・」
「さて、皆に重大なことを報告する。ワシが世界大会に招待され、講演することになった。来週、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロへ出発する。ワシが不在の間は、地区の責任者が仲間をまとめてくれ・・」
 人間界では拍手が起きるが、ワシらの社会は翅や手足を擦りあわせ、ガサゴソと音をたてる。
「それは、素晴らしいことだ」
「そうだ、そうだ、我らのリーダー・ゴキ太!」
「キャア~、素敵だわ。ゴキ太さん、こっちに向いて~よ」
「ワイワイ、ガヤガヤ」
「いや、いや、ありがとう」
 ワシは照れながら触角を振る。
「その大会には、世界中から集まるのですね? それで、リーダーは何を講演されるのですか?」
 前列の若いブリ太郎が興味津々に、質問した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。