ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅵ

 亜紀も千香と同じものを注文する。北島と輝明はカツ丼定食を頼んだ。
「さっきね、亜紀と話をしたの。ん? 輝坊ちゃん、聞いている? ねえ!」
「あっ、えっ、なに?」
「まぁ~、嫌だ。男の人って、年取るとすぐにボケが始まるのよ」
「冗談じゃないよ! まだボケませんからね」
「うふふふ・・、相変わらず、ふたりは昔のままね。仲の良いご兄弟ですこと。本当に羨ましいわ」
 北島が思いがけない会話に大笑い。
「アッハハハ・・、ええ、本当ですね。大学の仲間から聞いた話では、考えられない奥様です。ハハ・・」
 横に座る千香が、輝明の二の腕を強く抓る。
「い、痛い! 千香ちゃんは直ぐに抓るんだよ。亜紀さん、僕の体中が痣だらけだ」
 これには、亜紀も千香の顔を見て笑い出した。
「うふふ・・、千香は・・」
「もう、笑われてしまったじゃない。輝坊ちゃんのせいよ」
「オレが原因じゃない」
「いいえ、あなたよ! 聞いて亜紀! 抓る訳があるのよ。小さい頃にね、私が輝坊ちゃんの家に泊まりに行ったの。そしたらね、一緒に寝ていた輝坊ちゃんが、私のお尻を触ったのよ」
「ああ~、それは嘘だよ。触ってなんかいないよ!」
 亜紀と北島は、食べるのをやめてふたりの顔を、交互に見ていた。
「私、直ぐ伯母さんに言いつけたの。伯母さんは怒って、代わりに輝坊ちゃんの手を抓りなさいって言ったのよ。それからよ、輝坊ちゃんが悪いことをしたら、抓るようになったの。ちゃんと、伯母さんの許可を得ているのよ。分かった!」
 亜紀は聞きながら、クスクスと笑いを堪え、北島も目を下に、必死に笑いを堪えている。
「千香ちゃん、亜紀さんの前で良く言えるね。もう、呆れたよ」
「もうすぐ天国で伯母さんに会って、確認するからいいわよ」
 拗ねた千香の顔と言葉に、全員が爆笑した。笑いを堪えながら、それぞれの食事に没頭する。
 亜紀は、ふたりの様子を時々窺う。
《長い時間が過ぎたけど、記憶は薄れることなく生きていたわ。千香のたおやかな性格や輝君の趣のある表情は、ずっと思い描いていた通りだった。あ~ぁ、一緒に過ごしたかったな》
 彼女の視線を感じた千香が、不思議に思い亜紀に尋ねる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。