ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅢⅩⅥ  

「それはない、ワシらは貨物室に乗るからだ」
「え~、飢え死にしちゃいますよ。それなら、や~めた」
「じゃあ、ワシは飛行機で帰る。お前は船で帰ればいい。どうせお前は、横浜へ行く必要があるからな。ワシは一刻も早く、ゴキ江を助けねばならぬ」
「ん~、ん~、船か~、オイラもハム食べたいなぁ~」
「まだ時間がある。お前なりに考えればいい」
「はい、リーダー・・」
 平穏な数日が過ぎた。そろそろケープタウン港に着くころだ。海を眺めていると、ヤツがやって来た。
「ねえ、リーダー。空に浮かぶあの雲は、どこから来て、どこへ行くのですか?」
「ん・・、どうしてだ?」
「オイラは生まれてから、こんなに空を見ることは無かった。そしたら、空の雲が気になって、オイラの頭の中は雲だらけです」
「そうか、雲か~? ワシは雲を見るのが好きだ。空を自由自在に流れ、好きな形に変えられる。ワシらと違って誰からも好かれ、羨ましく思っている。これは、ワシが作った詩だ。これをお前に・・」


【雲よ 雲よ 彷徨う雲よ やがて影と無の中へ 沈みゆく
久遠の理想に 静麗を求め 独自の境地を悟る 古老のように
清風に煽られ ただ 彷徨う
雲よ 雲よ 彷徨う雲よ やがて影と無の中へ 沈みゆく
人知れず 空疎な日々流れ 生の悲哀に感懐する 若人のように
無常の風に漂い ただ 彷徨う


「この詩をオイラに・・」
「そう、我がム・・、お前にだ! いずれ、別れがやって来る。これは、お前に残す、ワシの最後の言葉と思ってくれ」
「それは無理でしょう。なんせ・・、オイラには脳が有りませんから・・」
 黒ピカは、ほんの少し声を詰まらせた。
「お前は不思議なヤツだ。この詩は、ワシとお前のことだ」
「リーダー、オイラは風が吹くまま、感じて生きているだけ・・」
「それだよ、風が吹くまま感じて生きている。まさに、お前は彷徨う雲だ。お前の能力は優れている。やや、おっちょこちょいだけど・・」
「えっ、何、それ、やや・・、なんですか?」
「それは、落ち着きがなく、考えの浅いことだ」
 その答えに、パッと目が輝く。
「そうでしょう。だから、オイラには無理なんです」
「とにかく、お前には果たす使命がある。ハワイのゴキジョージと共に、仲間の将来を頼む。ワシの最後の願いだ・・」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。