ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅩⅦ

「大丈夫ですよ。あれらは体調が百十ミリで翅を広げると二百ミリになりますが、敵対心が無ければ友好的ですよ。あれらも人間を恐れています。ペットの食料用に捕獲されているので・・」
「ブリ―リアと同じだ! 可哀そうに・・。誰も信用できない目つきは当たり前だ。リーダー、そう思いませんか? オイラは必ず友達になって、安心してもらうよ」
《ため息が出るほど、お前の心は純真だなぁ。でも、心が成長しているのに、頭の中が成長しない。何故だ。不思議なヤツだ》
「それも、生きたままだよ。クロピーカ、考えただけでもゾッとするね」
「オイラだったら、食べられる前に咬みついてやる。オイラにも虫の意地があるからね。そうでしょう、リーダー?」
「そうだ、お前の言うとおりだ。弱いものいじめは卑劣な人間どもがやることだ。ワシも絶対に許さんぞ」
 リオ・デ・ジャネイロまで数日。サンバの発祥地サルバドール港の沖合を通過するときに、またしても事件は起きてしまった。
 駆除は夕食後に実施され、三時間ほどで終わった。ワシらのグループは早めに計画を察したので、人間どもを欺き食料庫の奥にジッと隠れていた。食料庫には、有害な殺虫剤を使用しないと考えたからである。
「リーダー、もうここから出ましょうよ」
「いや、もう少し待ってからでいい。人間どもが寝るのを待とう。今回は薫霧式を使っているから、しばらく時間が必要だ」
「薫霧式?」
 ブリ―リアが不思議そうに聞いた。
「ああ、薫霧式は広範囲に隅々まで、煙でいぶす殺虫剤が襲ってくるタイプだ。いずれにしても、ワシらには厄介なものさ」
「そうだよ、息ができなくて苦しむ煙だ。あっ、あ~、くっ、苦しい~」
 黒ピカが、ドタバタと苦しむ真似をする。それも大げさなジェスチャーだった。その格好が愉快だったので、ガサコソと音を出してしまった。
「しっ、静かに!」
 乗組員がパッと食料庫のドアを開け、中をキョロキョロと覗く。問題無いと分かり、他へ行ってしまった。
「危ない、危ない。ワシの心臓が分解するところだった」
 そこにいたメンバー全員が頷く。
 人間どもが寝静まったころ、食料庫を出て救命ボートに移動した。途中の廊下には、多くの仲間が瀕死の状態でワシらを見る。
「リーダー、仲間を助けないのですか?」
「黒ピカ! ダメだ。近づくな、触ったらお前も危ない。無理だ、無理なんだよ」
 ワシは悔しくて涙が止まらない。メンバーの全員が泣いた。黒ピカのショックが気になる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。