ウイルソン金井

創作小説。短編が主体ですが、長編小説も書きます。

創作小説を紹介
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

忘れ水 幾星霜  第四章 ⅩⅠ

 千香は、理解していた。しかし、輝明と亜紀の貴重な時間を、奪い取ってしまう自分が許せなかったのだ。
「亜紀、ごめんね。私が元気なら、一ヶ月でも半年でもいられたのに、残念だわ」
「ううん、私のことより、千香の体の方が大切よ。この数日は、決して短い時間ではなかった。一秒一秒が、とても長く幸せを感じることができたもの。それを、あなたが与えてくれたわ」
「亜紀、今日は帰らないで、お願いよ。ねっ、輝坊ちゃん?」
 千香は必死に望んだ。輝明も千香の本心を理解する。
「そうだね。帰るまでは大切な時間だと思う。亜紀さん、千香ちゃんの願い事を叶えてください。お願いします」
「いいわよ。私だって、嬉しいもの」
 午後のホテルのひと部屋。その小さな空間が悠久の時空を越え、三人の過去と現在が不思議に絡み合う。幾星霜を感じることなく、自然の時間が流れていた。
 輝明は、ソファに寛ぎながら好きなバイロン詩集を読んでいる。ふたりの会話が時折耳に入った。
《あの時、亜紀さんが日本に残りオレと結婚していたら、これが、日常の生活だったのかなぁ。時には、夫婦喧嘩。それとも、離婚。なんてバカなこと考えているんだ》
「輝君、輝君、何か飲みたい?」
「輝坊ちゃん、聞こえないの? またボケたのかしら・・」
 返事をしない輝明に、千香がテーブルの雑誌を投げる。
「えっ、えっ? な、何?」
「あなたの奥様が、何か召し上がりますかって聞いているの。輝坊ちゃん、お返事はどうしたの?」
 リラックスしていた体を起こし、かしこまる。
「あ~、もちろん飲みます。できれば、紅茶を・・」
「亜紀、私も欲しい。でも、薄めにね」
「いいわよ。紅茶なら、私も一緒に飲むかなぁ」
 亜紀は居間のカウンターへ行き、ポットのお湯をカップに注ぐ。
《この雰囲気が、小さな幸せなのね。残りの時間を楽しまなければ・・》
 目頭が熱くなる。そっと涙を抑えようとした。いつの間にいたのか、輝明がハンカチで彼女の涙を拭う。
「ありがとう、輝君・・」
「なんだか、いつもボクが泣かしているようだね」
 千香に聞こえない小さな声で話す。
「違うわ。これは幸せの涙よ。あなた・・」
 亜紀は首を振り、ささめく。不意に、後ろから抱きしめられた。彼女はカップから手を放し、抱きしめる彼の腕に手を置き胸へ凭れかかる。背中に彼の熱い体温を感じた。
《あ~、愛しい人・・》

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。