ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅢⅩⅢ 

 ここは予想以上に居心地がよく、帰国の意思を消し去ろうとする。黒ピカもブリ―リアの計略に嵌ったようだ。
 とうと三週間が過ぎてしまった。マリアブリータが仲間を呼び集め、賑やかな集団になっていた。
『ゴキ江! 待っていろ、今助けるからな! 追い駆けても、追い駆けても愛する妻に近づけない。ゴキ江~、ゴキ江~』
「リーダー! 起きてください! 大丈夫ですか? リーダー、目を開けてください」
 黒ピカに体を揺すられ、目を覚ます。
「ふぅ~、やあ、なんだお前か?」
「どうしたのですか? うなされていましたが、嫌な夢でも、見たのですか?」
「ああ、ゴキ江が、助けを求めていたが、助けられない。心配だ。ゴキ江の身に何かが・・。早く帰らねば・・」
「そうですね。オイラも思っていました。ブリ―リアに話してきます」
《いつまでも、滞在してはいかん。きっぱりと決心するべきだ。竜宮城の浦島太郎になってしまう。ゴキ江の許に帰ろう。マリアブリータは、理解してくれるだろう》
 その日の夜、ワシの気持ちを伝えた。
「やはりね・・。心の奥では、このまま残ることを願っていたわ。ただ、この日が必ず訪れると感じていた。幸せな日々を一緒に過ごせたこと、神様に感謝します。心配しないで、こんなに仲間が集まったから・・」
 ワシに弱さを見せまいとするマリアブリータ。健気な様子に、ワシは抱きしめた。彼女の体が小刻みに震えている。
「身勝手なワシを許してくれ。会えて良かったよ。ワシの残りわずかな命、思い出は決して忘れない。あ~、マリアブリータ!」
「それで、いつ出発するのかしら?」
《ここで、躊躇して心を許す訳にはいかない。お互いに早く未練を断ち切らねば・・》
「うん、これからサントス港へ行く」
「えっ、今から?」
「うん・・」
「明日では、ダメかしら?」
「残念だが、ダメだ」
 切ない思いで、きっぱりと伝える。黒ピカが、戻ってきた。
「リーダー、あの・・」
「黒ピカ! これから日本へ帰るぞ。直ぐにだ!」
「えっ、あ、はい! 良しきたガッテンだ。リーダー・・」
「それで、ブリ―リアとは、話ができたのか? 問題は無いだろうな」
「ん~、問題無いと言えば、無いですが。有ると言えば、有りますが・・」
 はっきりしない黒ピカの様子に、ワシは苛立った。
「何が言いたいのだ。はっきりしろ! イライラするヤツだ」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。