ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

 微雨のささめき(大河内晋介シリーズ第四弾)ⅩⅢ 

 その夜は、何も起こらず朝を迎えた。車に乗らず、電車で出勤する。
「主任、今日の夜は、どうしますか?」
「そうだな、福沢先生から報告が来るかもしれん。後で、連絡する」
 午前中は、互いの仕事に集中する。昼食も別だった。
「大河内さん、電話です」
 退社時間の間際に、女子事務員から呼ばれ電話に出る。
「はい、大河内ですが・・」
「福沢です、今戻りました。今夜、時間が取れますか?」
「あっ、先生。お疲れ様です。はい、大丈夫です」
 福沢准教授から報告の電話であった。新宿の駅前で落ち合う約束をする。私は内線電話で若月に知らせた。退社後、中央線で新宿へ向かう。
「先生は、何か言ってませんでしたか?」
 待ちきれない若月が、電車内で聞いてきた。
「いや、電話では詳細を話さなかった。でも、何かを探したらしい」
 若月は、そわそわと車内を見渡す。
「あっ、ウソだろう・・。とんでもなヤツだ」
 私の横っ腹を小突く。
「ん、どうした?」
「主任、一つ向こうのドアを、そっと見てください。ヤツの仲間がいますよ」
 教えられたドアの辺りを、何気なく装い流し見る。
「ああ、本当だ。権助の仲間がついに現れたか・・」
 周りの人たちには、普通の人間の姿でしか見えない。
「千代さんのお陰で、ヤツラの姿が見えたな」
「えっ、千代さんのお陰?」
「最後の瞬間に、君の頭に手をかざした。あれは、千代さんが先を見据えて、君に能力を授けたんだ」
「あんな不細工で恐ろしい姿、見たくも無いですよ」
「これで、不意に襲われること無く、危険を回避できるんだ」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。