ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

 微雨のささめき(大河内晋介シリーズ第四弾)Ⅸ 

 昼時間になっていたので、近くのラーメン店に餃子セットを三人分頼んだ。都合よく、福沢准教授が到着した。
「先生、昼は?」
「いや、まだ食べていません」
 先に頼んだことを伝えると、福沢が満面の笑顔。若月を紹介し、お茶を用意してると出前の餃子セットが届いた。
「さあ、食べながら考えましょうか・・」
 すき腹の若月が、勢いよく食べ始める。私は、食べながら話題を口にした。
「今回は、やや面倒だと思います」
「えっ、どうしてですか?」
 餃子を一切れ摘み、食べようとした福沢が首を傾げる。
「向こうの人が、誰も係わっていない。邪鬼が、怨念で勝手に動いている・・」
「主任、私たちだけで邪鬼と・・」
「ああ、そうだ。だから、困っているんだ。対処方法がまったく見当がつかない」
「そのようですね。それで、ここへ来る前に、ざっと調べて関係資料を持参しました。役に立てばと思って・・」
 福沢がバックから資料を取り出す。三人は急いで食べた。
「なんだか、ワクワクしますね?」
「おいおい、若月。何を考えているんだ、狙われているのは、君だぞ」
「あ~、そうだった。用心しなければ・・」
 怖々と周りを見渡す。その仕草に、私と福沢が大笑い。三人はお茶を飲みながら、其々が資料に目を通す。
「今、不意に思いついたんですが、向こうの人に連絡が取れますかね?」
 若月が突拍子もない案を言い出した。
「ええ、私も同じことを考えた」
 福沢が賛成する。
「果たして、そんなことが可能だろうか?」
 私は真意を疑う。福沢が、目の前の資料を見せる。
「ここに、可能性が書いてありますよ」
 確かに書いてあるが、ページの下に但し書きが記されていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。