ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   偽りの恋 ⅦⅩⅤ 

 彼女なら理解すると思い、洗いざらい話すことにした。
「佐藤さん・・、今回のこと全て話すよ。ハッキリ言って、悩んでいるんだ」
「ええ、千恵ちゃんからも告白されたわ。あなたに抱かれ、キッスもしたそうね」
 やはりな、あの子らしい。
「そのことで、どう思った?」
「う~ん、いろいろ考え、妬みも感じたわ」
 佐藤の表情に、話すことを躊躇い決心が揺らぐ。
「そうだろうな~。ん~、困った」
「困ること無いわ。二人の間に、割り込む気持ちなんて・・、無いもの」
「・・・」
 俺は話すのを止めようか迷う。
「いいのよ、金ちゃん。私のこと気にしないで。あなたは、単なる通り雨よ。ずぶ濡れになったら、生きて行けなくなる。だって、最初から恋なんて無かったもの」
 確かに恋じゃない。二人の仲は、気紛れの線香花火のような間柄だ。だけど、切ない花火だった。
「佐藤さんとは、不思議な縁だった。決して嫌いじゃ無い。俺の心に刻まれ、消えない存在だよ」
「うん、ありがとう。やっぱり、金ちゃんだ。たとえ束の間でも、心を許せる人だと思ったわ」
 佐藤は俺の手を固く掴み、本心を伝える。だが、直ぐに手を放した。
「いずれ、この寮を出る。もう、数か月後だよ。そして、この町には戻らず、外国へ行く。そのこと、千恵ちゃんは理解しているのかなぁ?」
「あの子は賢いもの。私が説明したら、理解していたわ」
「理解しても、現実は簡単じゃない。それに、彼女は十八だよ。若すぎる。優しい祖母ちゃんを残して、行けるはずがない。それに、それに・・」
 なんで、こんなに否定ばかり言って、俺はどうかしている。
「落ち着いてよ。まだ、数か月もあるわ。感情抜きで、冷静に話し合ったら、どうなの?」
「でもね、俺は過去の思いを消したばかりだ。あの人を裏切り、長谷川さんとの約束を破ることになる」
 俺は恋を封印し、未来の夢を追いかける。そう決心したんだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。