ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   偽りの恋 ⅦⅩⅢ 

 弥彦の内容が分かっていれば、同じ新幹線に乗って行けたのに。どこかで、歯車が狂った。工場へ連れて行かない方法を、考えるべきだった。
「金ちゃん、いつまで寝ているんだ」
 同室の佐川に起こされる。昨晩は心身共に疲れ、いつの間にか熟睡したようだ。夢の中に千恵が映し出される。だが、肝心なところで途切れた。
「早く行かないと、朝食が無くなるよ」
「あっ、そうか。あ~、腹が減った」
 俺は洗面し、急いで食堂へ行った。郷里から戻っていない数人を除き、全員が食事を終えるところであった。
「金ちゃん、おはようさん!」
 坂本が声を掛ける。
「やあ、おはよう」
「あの子と、めちゃ、ええことになったんかい?」
 坂本が、大きな声で喋るから、みんなの耳に入る。視線が俺に集まった。
「誰、誰なんだ、その子は?」
「あの年上の子か?」
 勝手に想像して騒ぐ。
「ほんまに、おもろい話やねん。真鶴岬のめちゃ可愛い子や。確か・・」
「あっ、千恵ちゃんだ」
 竹沢が、恨めしい目で俺を睨む。
「しゃあないやろ、いや、仕方ないだろう。勝手に訪ねて来たんだ」
「おいおい、本当か?」
「嘘だろう、どうして金ちゃんを・・」
 俺は簡単に説明。もちろん、キッスの話は省いた。
「そうか、それじゃ帰れないなあ。でも、俺に相談してくれれば、喜んで行ったのに残念だ」
 竹沢はブツブツと独り言。
「しんどい話やで、竹沢君。それはアカンよ。千恵ちゃんは、ほんまに金ちゃんを好とる」
 しばらくして、全員が無関心を装って食堂から消えた。俺は黙って食事を続ける

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。