ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   偽りの恋 ⅡⅩⅢ 

 俺は何を話すか、前もって考えていた。彼女の名前は長谷川。
「長谷川さんが好きなのは、旅行の話だよね」
「ええ、この状況では、どこへも行けないもの」
「じゃ、どこへ行きたい? 国内、外国のどっちがいいかな?」
「ん~、外国かな?」
 やはり、思った通りだ。俺は南米の様子を話すことにした。ただ、俺も行ったことが無い。
「南米のインカ帝国を知っているよね。実は、行ったことがないけど、興味があるんだ」
 長谷川さんは、目を輝かして頷いた。
「面白そうね。聞きたいわ」
 アンデスに伝わる不思議な物語、天空の都市マチュピチュの恋を話す。
「若き王子が、夜空に輝く星座を眺めていると、夥しい流れ星に出会う」
 物語の構成を考えるが、所々ちぐはぐな場面となる。
「いや、ごめん。変なことになったら、聞き流してね」
「平気よ。全然問題ないわ」
 俺は必死に組み立て、物語らしく話を作った。
「こうして、若き王子は美しい娘と結ばれました」
「うふふ・・、どうにか纏まったようね。途中、聞いてる方が心配しちゃった」
「ふ~ぅ、今回は失敗だ」
「ううん、そうでもないわ。アンデスの山々が想像できたから、楽しく聞けたもの」
「それなら良かった・・」
 看護師が、長谷川さんを迎えに来た。彼女の表情が暗くなる。俺は心配した。
 翌日の午後、いつものように談話室へ行く。しかし、待っても来ない。俺は仕方なく病室に戻った。その日、消灯時間になっても、寝付くことができなかった。
 次の日も会えなかった。
 四日後、長谷川さんの看護師が、俺を呼びに来た。
「どうしたんですか?」
 何も語らない看護師に、俺は尋ねる。
「ええ、行けば分かるから・・」
 エレベーターに乗り、三階から五階の病棟へ向かう。
「ここだけの話よ。いいわね」
「はい、なんでしょうか?」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。