ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   偽りの恋 Ⅸ  

「これじゃぁ、座れそうもないね」
「私は、大丈夫よ」
 各駅停車は辛い。停まるたびに、乗客が増える。終点の新宿駅近になると、身動きができない。俺と佐藤は密着したままだ。彼女の顔が、赤く火照る。
「もう直ぐ着くけど、我慢できるかな?」
「ええ、平気。金ちゃんは?」
「ああ、問題無いけど、妄想の中にいる」
「えっ、妄想って、何よ?」
「いや、なんでもない・・」
 佐藤が、俺の脇を小突く。周りに聞かれないように、小声で話す。
「分かったわ・・、私の体でしょう? 止めてよ、このおデブな体を想像しても、特にならないからね」
「いや、ごめん。だって、こんなの初めての経験だから・・。困ったな」
 半時ほど、この状態が続いた。
「ふ~ぅ、やっと着いたね。助かったよ」
「え~、本当に? 残念に思っているでしょう?」
「あはは・・、どっちかと言うとね。もうしばらく、このままで良かったと思うよ」
「ふふ・・、実は私もよ」
 二人は忍び笑いをした。
 やっと、新宿駅に到着。ドアが開き、車内の熱気と共に押し出された。ホッとする二人。雑踏のホームを出口に向けて歩く。佐藤が俺の手を握る。俺は意識を避け、自然を装った。
 坂本に約束させられた階上へ向かう。
「あら、幸子ちゃんたちがいないわ」
 佐藤が辺りを見回す。露見したら都合が悪いので、俺は探す仕草をする。
「本当だ。坂本さんは、どこへ行ったんだ。困ったな~」
 前方のエスカレーターに、地階へ降りる坂本の後ろ姿が見えた。俺は、咄嗟に反対方向へ向きを変える。
「どうしたの?」
「あ~、向こうに姿が見えた気がする。行ってみよう」
 俺の心がチクリと痛む。佐藤に握られた手が、汗ばんでいる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。