ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅤⅩⅢ 

 明恵母さんの言葉に、真美は事情が分からずキョトンとしている。
「奥さん、どうしますか? 俺の靴を脱がしてください」
 ハッと気付き、まんまと謀られたことを知った。
「あら、ダ~リン! お手伝いしますわ」
 俺の服を脱がせようとする。これには焦った。
「わ、分かったよ。ご免、ご免、謝るから・・」
 そこへ、オヤジさんが帰って来た。
「玄関口で、服を脱ぐなんて・・。何している?」
「あっ、お帰りなさい。洸輝の脳みそが壊れたの。運命の人じゃ、なかったわ」
 真美の切り替えの早さに、俺は感心する。
「そうか、結婚できそうにないね。仕方ない、別れなさい」
 オヤジさんの対応に、俺の脳みそは崩壊寸前。
「いや、いや、間違いですよ。絶対に別れませんから・・、明恵母さん!」
 俺は焦り、明恵母さんに助けを求める。
「まあ、可哀そうに、もうイジメは止めなさい。さあ、お茶にしましょう」
 明恵母さんのお陰で、全員が居間のテーブルへ移動できた。
《ふぅ~、助かった。先が思いやられるなぁ~、真美を怒らせたら大変だ》
「そうよ、私を怒らせたら、洸輝は生きて行けないわ」
 俺の考えに真美が答える。突然の言葉に、明恵母さんとオヤジさんが目を凝らす。
「何を言うの、真美・・。驚かせないでね。あなたは、淑やかさが似合う女性よ」
 明恵母さんが真美を見つめ、物静かに戒めた。真美は穏やかに頷く。
「それに、洸輝さん! あなたもよ。真美を大事にしてね」
「ふたりは異環境で生まれ育った。意見の対立は必然だ。時には必要だが、感情を中心とする喧嘩はダメだ。特に意味の無い夫婦喧嘩なんて、犬も食わんよ」
「はい、オヤジさん。真美と会って日が浅く、彼女に対して理解不足でした。これからは、気を付けます」
「そうか、良かった。まあ、夫婦喧嘩でなく兄妹喧嘩なようなものさ・・」
 オヤジさんは、テーブルの上にみたらし団子を置く。
「お客さんの家で、お土産に頂いた。さて、食べようか・・」
 真美がキッチンへ行きお茶の用意をする。
《真美、ゴメンな。だけど、余りにも可愛すぎて、構いたくなるんだ》
 俺の心を読むと思い、心の中で呟く。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。