ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅩⅡ 

 真美は俺の顔を見詰めたまま、黙って聞いている。
《今までの俺は、負け犬なんだ。実際は強くない。空威張りしているだけさ・・》
「真美を撥ねつける勇気が無い。直ぐに受け入れたい。でも、でも・・。俺は君のことを、なんにも分かっちゃいない。歳だって知らないんだよ」
 真美の瞳が輝くのを感じた。
「分かった。話すわ。私が十六歳になると。約束の養育を果たした友人夫妻は、念願の永住の地イスラエルへ移住しちゃったの。独りになった私は不安で家に引きこもり、荒ぶる生活が始まった。十七歳の私は、心身ともにボロボロよ。でも、その様子を聞いたミネアポリスの友人が、バトル・クリーク市の福祉課に連絡して、崩壊寸前の私を救ってくれた・・」
 真美は粛々と話し、自分の過去を赤裸々に告白する。
「ようやく立ち直った私は、友人と同じ大学に入り福祉関係を専攻。その時、どこで調べたのか、日本の祖父母がデトロイト総領事館を通じて、私に帰国を求めたの。私は驚いたわ。だって、日本の祖父母のことは、全然知らされていなかったもの」
 真美が帰国を渋っている間に、彼女を一番望んでいたらしい祖父が亡くなった。好きな旅の途中、東日本大震災の犠牲となったという。今も行方不明らしい。
 彼女は祖母のために一時帰国する。だが、心優しい真美は、孤独な祖母を見捨てることができなかった。母の残り香が漂うこの家に、祖母と住むことを決意する。
 しかし、その祖母も体調を崩し、三ヶ月後に病院で亡くなる。無常の風に、呆然とする真美。又しても、彼女はひとりになった。
「不思議な現象は、その頃から始まったわ。夢の中に素性の知れぬ人影が現れ、運命の人を告げるの。初めは単なる夢と思い、まったく信じなかった。でも、写真の母まで夢に現れ、同じことを繰り返したわ」
 真美は驚き、徐々に恐怖を感じるようになったという。ところが一週間前の夜、あのセミナーが夢の中に、彼女は半信半疑で参加した。
「前の席に座る運命の人に興味を持ち、どんな人が座るのか確認したかった。本当に現れるのか、子供や女性かも知れない。心がドキドキして待っていたわ」
「そして、俺が座ったわけだ」
「そうよ・・」
 俺は釈然としない重責を感じ、ため息を吐く。
《彼女も俺と同様に、存在を認め合う人が傍にいないのか。虚しいよな・・》
「今、私は独りぼっち。せっかく会えたのに、別れるなんて言わないでね。私は、今月で二十歳なったばかり・・。これが、私のすべてよ。だから、お願い!」
「明日、講師に連絡して、将来のことを相談してみよう。何か、答えが見つかるかも知れない。真美・・、君の傍にいるよ。ずっと・・暮らそう」
「私だって、死ぬまで一緒にいたい」
 恋らしい恋も無く、一気に深刻な愛に発展した俺たち。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。