ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 Ⅷ 

 俺の唇に、微かに触れた真美の唇。触れる寸前に、彼女の芳しい息が俺の鼻をくすぐる。その柔らかな唇と爽やかな息が、真美の初々しい情味を伝え俺を震撼させた。
 真美の真情が理解でき、俺は彼女の肩を引き寄せる。
「あ~、・・・」
 真美が甘い吐息をつく。俺の感情の箍が緩み、煩悩で真美の唇を吸ってしまった。ふたりは、初めての経験に溺れる。暫し、我を忘れる思いであった。
 互いに息が苦しくなり唇を離す。ふたりの瞳は、互いに目の中で彷徨う。真美の瞳が涙に沈むのを見てしまった俺は、ハッと我に返った。
「あっ、ごめん・・」
「えっ? 何が、ごめんなの?」
 火照る真美の顔が、怪訝な表情に変わる。
「俺は、真美が好きだよ・・。でも、これは感情からではない。俺の煩悩が求めてしまったからだ」
 漠然とした答えに、彼女は突然に笑い出した。
「あっはは・・、フフ・・。面白いわ。ハハ・・」
「何が可笑しいのさ・・。俺が変なことを言ったかな」
「当然よ、何を言い出すかと思ったら、あなたらしい思いやりね。うふふ・・」
 俺は憮然とする。
《俺の考えが間違っているのかなぁ。俺は初めての経験だ。真美だって、初めてだろう。俺の初めてのキッスは、星降る夜の海辺か丘でロマンチックにキッスをする。これが俺の夢だ。まだ見ぬ女性も喜ぶだろうと決めていた。だけど、不意に訪れた経験は、愛の感情も湧かずに、性欲的な煩悩でやってしまった。それに、真美を泣かせた》
「いいえ、私は幸せ・・。だって、私が最初に誘ったのよ。不謹慎な女で嫌われると思ったわ。それが・・、凄く情熱的なキッスを経験したもの。私の涙は、うれしい涙よ」
「そうか・・」
「それに、あなたは私の真情を理解してから、私を抱いたわ」
 確かに、俺は真美の気持ちを受け入れた。感情も移入でき、彼女の運命的結婚も肯定する考えになりつつある。
「ん~、そうか・・」
「そうよ。やはり、あなたは私と結婚するのよ」
「ん~、結婚か? でもさ、俺の将来が見えない。結婚するからには、生活の安定が必要だよ。今の俺には何もない」
「だから、セミナーの講師を訪ねて、将来のことを聞きましょうよ。私も一緒に行くわ」
 何故だか、俺の生き方が変わる様な気がする。今までは、全てにおいて否定的な行動や考えを持っていたからだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。