ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 Ⅴ

 彼女は目を瞑り思案しているようだ。恐らく、俺の心を解釈しているのだろう。目を開けると、二度ばかり首を振る。
「これからは、洸輝さんと呼ぶわ。いいでしょう?」
「・・・」
「そして、私のことを、真美と呼んでね」
 俺は唖然とした。
《俺は彼女の言いなりか? 俺の立場は、どうなるんだ? これが与えられた運命?》
「ええ、そうよ。そうすれば、洸輝さんの未来が見えて来るわ」
「俺と真美さんが結婚するのは、運命だから・・。じゃぁ、愛は存在しないのか?」
 彼女は、静かに微笑む。俺の心が高鳴りを覚えた。
「ほら、愛を感じたでしょう。私も感じているわ。だから、愛は存在するの。安心してね」
「いや、愛じゃない。これは、君の微笑みに動揺しただけだ」
 すると、急に拗ねた顔を見せる。俺の軽い脳みそは、またしても甘い誘惑に魅了された。
《もう、どうでもいいや。最初の出会いは偶然でラッキーと思った。美しい女性に誘われ、恋の予感から発展を望んだのは事実だ。認めるよ》
「でしょう。でもね、不思議なの。私は会う前から感じていたわ。あのセミナーに参加して、私の前に座る人が運命の出会いと言われた」
「えっ、誰から言われたの?」
 彼女は迷った表情を見せる。明るい表情になり、話す決心をした様だ。一喜一憂する真美の表情は、不満に燻る俺の心根を完全に放逐させた。
「夢の中の人が、私に教えたわ。名前もコウキと・・」
「うっそ~、だろう? 信じられない」
 彼女は毅然とした態度で、俺を釘付けにした。
「いいえ、本当よ! だから、信じて欲しいの」
 俺は、何と答えれば良いのか迷った。俺の軽い脳は、深い思惟の中に落ち込む。彼女は返事を待つ間に、紅茶とショート・ケーキを追加する。
《迷うことない。俺の好物のショート・ケーキまで知っている》
 思考の結果だけでなく、紅茶とショート・ケーキで結論を出した。
「分かった。真美さんを信じるよ」
「良かった。でも、ショート・ケーキで信じるなんて、面白い人。胸がキュ~ンとしちゃったわ」
「うん、俺の判断って、単純だろう。こんな男でも運命の人なんだ・・」
「うふふ・・、そうよ。愛の始まりはショート・ケーキで・・」
 ふたりは笑いながら、運ばれたショート・ケーキを食べた。新しい紅茶も熱く、ふたりの心を温める。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。