ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 偽りの恋 愛を捨て、夢を選ぶが・・。
 謂れ無き存在 運命の人。出会いと確信。
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物。笑い、涙、ロマンス、親子の絆。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。
 忘れ水 幾星霜  山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズ第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 大河内晋介シリーズ第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 大河内晋介シリーズ。夢に現れる和服姿の美しい女性。
 ア・ブルー・ティアズ(蒼き雫)夜間の救急病院、生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 Ⅱ 

「俺の運命が真っ白! そうですか・・」
「いや、がっかりしなくても、いいと思うよ」
 講師は、俺の目を見詰めた。ふっとため息を吐き、俺の肩をポンポンと叩く。そして、一枚のメモを俺に渡した。
【君に話すことがある。いつでも良いから、私の家に来なさい。住所は裏に書いてある。できれば、来る前に電話を掛けて欲しい】
「それでは皆さん! 次回にお会いしましょう」
 机上の書類を片付け、カバンの中に仕舞う。講師は、俺に目礼すると部屋から出て行った。他の受講者と共に、俺も部屋を出る。
《俺に話すことがある? 何故だ。それに、俺の運命が真っ白だって・・。夢を見れば運命が変わる・・。本当かなぁ~。妙な先生だけど、何か気にかかる》
 茫然としながらも、無意識に階段を下りた。公民館の玄関ホールで、女性から呼び止められ振り向く。
「俺を呼んだ?」
「はい、突然にごめんなさい」
 俺は邪険な返事をしたが、女性を見た瞬間に目をしばたたく。
《え~、俺には縁のない美人だ》
「い、いいえ。ウッ、ウン。俺に何の用事ですか?」
 俺は慌てて咳払いをする。
「今、お忙しいでしょうか?」
「とんでもない。暇で、暇で困っています」
 俺のピント外れな答えに、世にも美しい微笑みを見せる。その微笑みに、俺の軽い脳みそは完全にぶち壊された。俺は狼狽え、視線を合わせることができなかった。
「良かったわ。少しお時間を頂けませんか? 近くのファミ・レスで、お茶でもどうかしら・・」
《おい、おい、麗しき女性からのお誘い・・。断るなんて罰が当たる》
「は・・、はいっ! 喜んでお受けします」
 俺の大げさな返事に、又もや見事な微笑みを返された。彼女はしなやかに歩く。俺はしもべの様に従った。
 テーブルに着くなり、彼女は俺の顔を見ながら、俺が好む紅茶を頼んだ。
「紅茶で宜しいんでしょう?」
《どうして、俺の好みを知っているんだ。え~、なんでぇ~》
 唖然とする俺に、視線を向ける。
「不思議に思っているでしょう? 何故だか知らないけれど、あなたの心が私には見えるの」
「ええ、驚きましたよ。俺の心が見えるなんて、怖い人ですね」
「ごめんなさいね。でも、他の人ではダメなの。あなたの心だけよ」
 彼女の言葉に、俺の脳みそはボロボロに崩壊した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。