ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅢⅩⅠ 

 マリアブリータの顔が、直ぐ目の前に見えた。ワシが横になっている。この状況はどうしたんだ。
「オ、オヤ・・ジ。・・。リーダー、オイラが分かりますか?」
「お、お前の顔だけは、絶対に忘れない」
「セニョール、しっかりしてください!」
「セニョーラ・マリアブリータ、少し休めば元気に・・。気が張っていたと思う。もう、平気だ」
 大会は既に終わっていた。倉庫の外は朝を迎え、人間どもが忙しく動き回っている。参加者は各々の国や地域へと帰って行った。
「黒ピカ! ワシらも今夜か明日の朝に帰る。だから、準備しておけ・・」
「えっ、もうですか? ゆっくりブラジル見学をしないのですか? 地球の反対側まで来て、もう帰ることはないでしょう。せめて、一週間は滞在したいです」
「いいや、直ぐに帰る。ゴキ江たちが心配だ」
「それに、ブラジルの食べ物を何も食べていませんよ。リーダー、お願いですから・・」
「あっ、そうだ。何も食べていない。お前、良く気が付いたな。忘れるところだった。なるほど、それで力が入らなかった訳だ。セニョーラ、どこかへ食べに行き・・」
 ワシは、食事のことを思い出したら、余計に体がふらついた。
「もう、直接に名前を呼んで・・。私もゴキ―タと呼びますから、宜しいでしょう?」
「もちろんだ、マリアブリータ!」
 昼間は倉庫に潜み、日が暮れる前に移動する。マリアブリータの案内で、近くの海岸山脈へ出かけた。ブラジルは海岸沿いに山脈があり、南米大陸の内陸部に向かって平坦になって行く。
 海岸山脈の目的地に着く。ワシと黒ピカは、お腹がパンパンになるままで、新鮮な樹液を満喫した。
「ゴキータ、相談があるの・・」
 しばらくすると、マリアブリータが浮かぬ顔で話し掛けた。
「何か、心配事でも・・」
「実は、コロンビアのブリ―リアのことなの。何か良い案が無いかしら?」
「そう、ワシも心配している。あの子をひとりでコロンビアへ、返すには無理だろう。この海岸山脈で、あなたと暮らすことが可能なら・・。この案が最善と考える。どうだろうか?」
 ワシは仲の良い、黒ピカを呼んだ。
「ブリ―リアのことだが、お前はどう思う?」
「うん、内心では不安を感じているようだ。一緒に日本へ連れて行ければ・・。でも、無理だよな。オイラも悩んでいる」
「いいわ、私が直接に聞いてみるわ」
 マリアブリータがブリ―リアと話し始めた。ワシと黒ピカは、その様子を見守る。しばらくすると、ブリ―リアが大きな翅を広げて喜ぶ。
「円満解決だ! ねっ、リーダー」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。