ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 ⅩⅡ 

 揺れは、日毎に激しくなる。船が傾く方へヨロヨロと歩き、まるで酔っ払いのようだ。ワシはできる限り棲み処で静かにしていた。若い黒ピカは、片時も休まない。ところが、フラフラとヤツが戻ってきた。
「どうした、具合が悪いのか?」
「あ~、気持ちが悪くて、もう歩けない」
 ワシの前でバッタリと倒れ、動かなくなった。
「それは、船酔いだ」
「お酒なんか、飲んでいませんよ。まだ、未成年ですから・・」
「当たり前だ! 酒ではなく、船の揺れで酔うことだ。体が落ち着くまで、静かにして何も食べるな!」
「ん! えっ、でもお腹が空いた~。ちょっと食べてから、静かにする」
《本当に、呆れたヤツだな。食い物の執念には、呆れて言葉も出んぞ》
 横浜を出港して三日後。激しい揺れも収まり、体も幾分慣れてきた。ワシは、久々にデッキへ出る。
 爽やかな青々した空に、温もりの風を感じる。遥か水平線に、不思議な形の雲を見つけた。雲間から、一筋の光が海面を射している。
《あの光は、天国への階段だろうか? 神様が、早く来いとワシを誘っている。でも、神様よ。誘われなくとも、ワシの体は間近に感じている・・》
 船尾に行く。群青の一望千里の海。一本の白い航跡が、水平線の彼方まで続いていた。
《この白い道を辿れば、日本に帰れるのか。愛するゴキ江よ。あ~ぁ、帰りたいぞ・・。う~ん、なんとワシは女々しい。しっかりしろ、感傷に浸っている場合ではない》
 退屈な船旅が続く。船上生活に慣れた黒ピカは、相変わらず元気に動き回っている。
《海洋のど真ん中は、気持ちがいいなぁ。人間どもに気を配り、こせこせと隅を歩く。もう、うんざりだ! ゴキ江と一緒に、のびのびと生きて行きたい。無理かなぁ~》
 ハワイ諸島の北からカウアイ島を横切り、オアフ島に近づいた。海の青に島の緑が調和したホノルル。アロハ・タワーの目の前、二十五桟橋に接岸した。
 ワシはそわそわする黒ピカに、下船する暇はないと告げる。
「何故ですか? リーダー」
「貨物船は客船と違って、早く出港するからだ」
「どうして、違うのですか?」
「ああ、客船は観光目的で数日停泊する。だが、貨物船は積み荷がなければ、食料や飲料水を調達するだけだ。分かったな!」
「は~い、了解です。降りられると思ったのに・・。でも、この島は綺麗だな・・」
《まだ、まだ、長い旅が続く。ヤツが発狂しないことを祈る》
 その黒ピカが、慌てふためき走って来た。
「リーダー! 大変です。オイラと同じ格好なのに、訳の分からない言葉で前を歩いていたよ」 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。