ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 Ⅸ

 ワシの真剣な表情から、失敗は許されないと理解した黒ピカは、翅をバタバタと動かし気を引き締める。ヨットがうねりの頂点に達した一瞬、岸壁を目がけて飛んだ。
 ワシは体操選手のように触角を広げ、華麗なフォームでピッタと着地をする。黒ピカは風に煽られ、コロコロと転んでしまった。
「うっ、痛たた~。もう、痛いなあ~」
「おい、平気か?」
「ああ~ぁ、リーダーと同じに、格好良く決めたかった。残念だ」
「ケガは?」
「大丈夫です。でも、足腰がガクガクで・・」
「まあ、お前にしては、うまく飛べたと思うよ。さあ、南米行きの船を探すか・・」
「リーダー、仲間に聞けば・・」
 広い横浜港の仲間探しは、非常に苦労した。ようやく、山下公園内の茂みの中で会うことができた。仲間の情報では、年齢不詳の豊満なマダム・イヤーネが、横浜港一帯の実権を握っている。下手に対応すると、気紛れで癇癪を起すから要注意だという。
 公園内で、三十分ほど待たされる。マダムの手下が現れ、マリン・タワーの豪華な棲み処に案内された。
「ようこそ、いらっしゃいませ~。支部から知らせがあったわ。頭脳明晰で運動神経抜群の、ゴキ太さんでしょう? まあ~、想像以上に素敵な方ね。ウ、ウッ~ン。惚れちゃいそう。ゴキ太さん、宜しくねぇ~」
 マダムは妖艶な仕草で、ワシの体をタッチした。
《ゴキ江~、助けてくれ~。ワシの好かないタイプだ。鳥り肌が立つぞ。だがな、船のために我慢しなければ・・。一時の辛抱だ!》
「やあ、やあ~、マダム・イヤーネ! こちらこそ、宜しく頼みます」
 心とは裏腹に、快く挨拶を交わす。
「あら? そちらの若い方は・・、お供の方かしら? 黒く光って素敵な色合いね」
 マダム・イヤーネは、黒ピカに興味津々。
「あ、いや、私は黒ピカと申します」
「ブラジルへ行かず、私の所に残りなさい。何も不自由なく、楽しく暮らせるわよ。どうかしら?」
 黒ピカは大慌て、ワシに視線を投げる。ワシは困った顔を見せた。
「こ、光栄です。でも、しかし・・、リーダーをお守りする義務が・・」
「うふふふ・・、冗談よ。無邪気な坊や!」
 ワシはタイミングを計り、依頼をする。
「ところで、マダム・イヤーネ。南米行きの貨物船を、早く教えてくれまいか・・」
「まあ、せっかちな方。中華街で、ご一緒に食事を考えているの。お嫌かしら?」
「いや、マダム。非常にありがたいお誘いだが、先を急いでおる」
 ワシは困惑するも、とにかく聞き出して逃げるつもりだった。
「あ~ら、とても残念だわ。そうねぇ、南米行きの船・・ね。部下に調べさせ、明日にでも知らせますわ。それで、どうかしら?」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。