ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  嫌われしもの 遥かな旅 Ⅶ

「はい、十分に気を付けます。カラスは大嫌いだ。いつもオイラを『バカカァー、バカカァー』と、鳴いて騒ぐ。オイラは、とっくの昔から承知の介だい!」
「アッハハ・・。あ~、腹が痛い。なんとも変わったヤツだな。ハハ・・」
 東京湾に近づき、釣り船や観覧船が目まぐるしく行き交う。小さなヨットは船のさざ波に煽られ、落とされまいと黒ピカが必死に耐えていた。しばらくして、周辺の景色を眺める黒ピカが、妙な動作をする。
「おい、具合が悪いのか?」
「リ~ダ~、オイラ~、もう、ダメだ~。あっ、あっ、目が回る~」
「しっかりしろ、キョロキョロするからだ。ご馳走だと思って、茎だけを見ていれば大丈夫だ」
「は~い。あぁ~、うまそうな茎だ~」
 空に上弦の月が輝き、小さな頼りない葉のヨットを照らす。無事に東京湾へ流れ着く。予想外に簡単だったと、ワシは胸を撫で下ろした。
《後は、潮の流れに任せるしかない。幸いにも、横浜方面へ向かっている。ゴキ江は、どうしているかなぁ・・》
 波に揺られ、二匹はしばし考えを巡らせる。
「リーダー。貨物船には、食事や隠れる場所はありますか?」
「ああ、食堂にはご馳走がある。船はお前が想像するより大きい、だから隠れる場所は心配ない。船乗りは海の男だから、ワシらを見ても無視するはずだ」
「それなら安心ですね。良かった」
「なんだ、そんなことを考えていたのか。くだらん!」
「じゃあ、リーダーは何を思っていたのですか?」
 黒ピカが、ムッとした顔で聞く。
「最愛の妻や子供たちのことさ・・」
「な~んだ。そんなことを・・。奥さまは美しく賢いから、子供さんたちを必ず守るでしょう。オイラが保証します」
「なんで、お前が保証するのだ。可笑しなヤツだな。ワッハハ・・」
「奥さまに手紙を渡したからです。え? あっ、まずい! 言っちゃった~」
「ナニィ~、ラブ・レターを渡した~だと~」
 愛するゴキ江の喜ぶ顔が浮かび、ワシは絶対に許せんと黒ピカを睨む。
「ち、違います。ラブ・レターでは、決してありません。仲間へ渡すよう頼みました。内容は、リーダーの家族を守れと指示したのです。本当です。リーダー、信じてください」
 黒ピカは必死に説明した。
「それは、本当なのか?」
「はい、神に誓って間違いありません」
「そうか、そうか。嬉しいぞ。ウッウウ・・」
《お前の優しい心遣いは、母親と同じだ。泣ける・・》

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。