ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

  漂泊の慕情  Ⅶ

 ホテルをチェックアウト後、乙女の像の前で落ち合う約束をしていた。半信半疑で私が行くと、間違いなく彼は先に来て待っていた。彼の姿を見た瞬間、私の胸がキュンと締め付けられる。
「おはよう、昨晩は良く眠れましたか?」
「えっ、はい、良く寝ることができました。起きたら、とても爽快な気分でしたわ」
 寝不足の顔を知られないよう、今朝は念入りなメイクをしたつもり。もしや、露見したと思い込みドッキとする。どうにか、体裁を取り繕う。
「そうですか、それは良かった。僕はなかなか眠れませんでした」
「それは、お気の毒でしたね」
「はい、恥ずかしい話ですが・・。あなたのことが気になって、一睡もできず。困りましたよ。アッハハ・・」
 私は、彼の言葉や屈託ない顔と笑いに心が揺れ、本当に付き合いたくなった。
「まあ、ふふふ・・、それって、プロポーズかしら?」
「はい、そう考えても結構です。高崎に戻ったら、交際してください」
 女性から口説くなんて、はしたないもの。助かったわ。私は密かに喜んだ。
「え~、本当に。じゃあ、喜んで・・」
 交際を始めた時のことを、懐かしく思い浮かべる。それなのに、彼はどこへ行ってしまったの。
 私は、もう一つの策を考えていた。最初に手紙を寄越した、友人に会う必要がある。彼の姉も同様に思っていた。私は手紙に認められていた会社へ、電話を掛ける。
 次の土曜日の午後に、その友人は快く会ってくれた。彼の姉も同席する。東京駅八重洲口地下の喫茶店で会う。
 友人の話では、突然に彼から連絡があり、相談を持ちかけられたという。彼が言うには、自分の病が心配で精神的に行き詰まり、将来に不安を感じている。
 彼は、私のことが気懸かりで、目の前から消えることが最善と考えた。そのために、日本にいては決心がつかない。だから、友人に外国へ行くと打ち明けたそうだ。
 私は、行き先を聞き出そうと執拗に尋ねるが、友人は頑なに教えない。彼の姉も弟の体を心配して、縋りつくように友人から聞きただす。しばらく平行のまま時間が過ぎた。
 長い沈黙が続いた後に、友人は渋々ぽつりと一言だけ漏らした。
「ハワイ島です」
「それは、本当なのね!」
「はい・・、間違いありません」
「良かったわ。もうあの子ったら、しょうがないわね」
 姉と私は、友人にお礼を言って別れた。
 私は、ハワイ島へ行く決心をした。
「お姉さん、私はハワイへ行き、彼を探します」
「ごめんなさいね。私は家のことがあるから、行けないけど・・。
「平気です。一度行ったことがあるから・・」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。