ウイルソン金井

創作小説。ロマンス、怪奇、ユーモアなど。多岐チャレンジ中。

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

忘れ水 幾星霜  第七章 Ⅱ

 慣れない首都高速から外環道を回って、ようやく関越道に入ることができた。高坂のサービス・エリアで休憩する。初めて見る光景に亜紀とマルコスは、輝明の傍から離れられない。とりあえず、ふたりをトイレに案内する。
 幾らか落ち着いてきた二人を、レストランに連れて行く。
「さあ、何が食べたい?」
「輝君は、何を食べるの? 私には分からないわ。マルコスが困惑している。あなたに任せるわ」
「そうか、じゃぁ、かき揚げそばでも食べようか? マルコスには、とんかつ定食でいいかな?」
「そうね、私はあなたと同じでいいわ。マルコス、とんかつ定食を食べるわね?」
「いや、同じものを食べたい」
 輝明は、場所を確保すると、食券購入からセルフで受け取る方法を教えた。
「マルシア、日本って便利で面白いね」
 マルコスは初めての経験に、まごつくも喜んでいた。
「良かったね。熱いから気を付けて食べるのよ」
 亜紀とマルコスが食事している間に、輝明は兄に電話で報告する。
「あ、オレだけど。関越の高坂に無事着いたよ。ふたりとも元気だ。それで・・」
「奈美ちゃんが、ずっと付き添っている。小康状態だ」
 兄から千香の状況が伝えられた。
「分かった。このまま、病院へ行く。明日、兄貴に紹介するね」
 ふたりの所へ戻り、亜紀に電話の話を伝える。食事が終わり、飲み物を買うと高崎へ向かった。一時間弱で高崎インターを降りる。
「マルコス、ここが高崎だ。千香ちゃんや亜紀さん、それにオレが生まれ育った街だ。この街が三人を偶然に結びつけた。そして、マルコスが偶然に息子となった」
「ふ~ん、偶然にね。ポール・ア・カーゾね。じゃあ、シダーディ・マラビリョーゾだ」
「えっ? 何?」
「あ、輝君、それは素晴らしい街と言う意味よ」
「そう、素晴らしい街だよ。高崎は・・」
「偶然の奇跡が、私たち四人を結び付けたのよ。神様に感謝しなければね」
 病院に着いたのは、九時を少し過ぎていた。駐車場に車を停め、亜紀の手を握りマルコスの肩を抱いて玄関に入る。消灯時間を過ぎているので、院内はシーンと静まり返っていた。ナース・センターに断わり、千香の病室へ行く。亜紀は輝明の腕にしがみつく。
《怖い。千香に会うのが、なぜか怖いわ》
輝明は、聞こえる程度にコンコンと軽くドアをノックした。そして、静かにドアを開けて中に入る。
 奈美が椅子から立ち上がり、目配せする。輝明は小声でふたりを紹介した。
「初めまして・・、遅くなってごめんなさいね」
 亜紀は奈美に近寄り、軽く肩を抱く。マルコスは神妙な顔で、奈美にピョッコと頭を下げた。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。