ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅵ

 亜紀も千香と同じものを注文する。北島と輝明はカツ丼定食を頼んだ。 「さっきね、亜紀と話をしたの。ん? 輝坊ちゃん、聞いている? ねえ!」 「あっ、えっ、なに?」 「まぁ~、嫌だ。男の人って、年取るとすぐにボケが始まるのよ」 「冗談じゃないよ! まだボケませんからね」 「うふふふ・・、相変わらず、ふたりは昔のままね。仲の良いご兄弟ですこと。本当に羨ましいわ」  北島が思いがけない会話に大笑い。 …

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅴ

リベルダーデ区東洋街のホテル・ニッケイに着いたのは、昼に近い時間であった。ふたりは旅装を解き、千香は半時ほど横になる。輝明は、シャワーを浴び着替えてから、ロビーへ降りた。ロビーには、亜紀と北島がカフェを飲みながら待っていた。 「あれ、マルコスさんは・・」 「あ~、うちの運転手と一緒に食事へ行きました」  亜紀の代わりに、北島が答える。 「そうですか。一緒に食事すれば良かったのに・・」 「輝君・・…

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅳ

 ふたりはぴたりと寄り添う形になった。亜紀は驚くも素直に腕を伸ばし、両脇から背中へと手を回す。輝明の体がピクンと反応する。彼は大きく息を吸い込み、亜紀の純白なブラウスの肩に手を置く。そして、引き寄せた。 「ようやく、あなたに会えた喜びを、心と体で実感できた」  小声で亜紀に呟く。亜紀は、その言葉に刺激され、輝明の胸に頬を寄せる。薄地のポロシャツを通して、甘い爽やかな大人のオーデコロンの香りが亜紀…

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅲ

「亜紀、私たちブラジルに来ちゃったわ。あなたに会いに。やっと会えたね?」 「ええ、でも・・。どうして私なんかを探したの?」 「それはね、後でゆっくり話しましょう。あれ、輝君は?」  千香は亜紀の手を離さずに、後ろを振り向く。 「ボクは、ここにいるよ」 「ほら、亜紀よ! 本当に亜紀よ。自分で確かめなさい」  千香は、亜紀の手を引き寄せ、輝明の前に彼女を押し出した。 《ま、待ってよ。千香ちゃん、心構…

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅱ

 そこは、ひとつの出口ゲート。多くの視線が熱く注がれる場所であった。 「ボン・ヂーア! 亜紀さん、飛行機は無事に着陸しましたよ」  先に来て待っていた北島が、笑顔で声を掛けてきた。 「あ、おはようございます。職員のマルコスよ」  初対面のふたりは、にこやかに握手を交わした。同時にゲートの人だかりから歓声が上がった。その様子に、北島は急ぎ通訳を連れて出口ゲートへ向かった。  平静を保っていた亜紀の…

忘れ水 幾星霜  第三章 Ⅰ

 機内アナウンスが流れ、一時間ほどで国際空港に到着することを伝えた。現在のブラジル時間、天気、気温などが慌ただしくアナウンスされる。 「輝坊ちゃん、朝食を残さないで、ちゃんと食べてね」 「うん、食べているよ。だけど、体を動かしていないから、お腹が空かないんだ。千香ちゃんは、あまり食べていないけど、大丈夫かい?」 「私はジュースとパンで充分よ。それより、気温が心配よ。冬から夏でしょう」 「そうだね…

忘れ水 幾星霜  第二章 Ⅹ

「佐和さん、私にはふたりに正面から会うことができない。ふたりを裏切ってしまったから・・」  佐和は、テーブル越しに亜紀の両手を握りしめる。 「そんなことはない! あなたを探して、ブラジルまで来るつもりなのよ。必ず理由があるはず。逃げるなんて、だめ! しっかり会うことよ」  握り締められた亜紀の手に、佐和の強い信念が伝わる。 「ありがとう、佐和さん」 「・・・」 「でもね、ふたりは出航の日に横浜港…

忘れ水 幾星霜  第二章 Ⅸ

「実は、とうに消え去った青春の面影が、不意に現れたことなの。それも三十年も経ってからよ。ブラジルに来て不慣れな環境での生活が、私の時間と小さな夢まで奪い、すべてを消してしまったはずなのに・・」  佐和は亜紀の話を聞きながら、冷えたレモネードを亜紀の飲みかけのグラスに注ぐ。 「輝君・・、あっ、ごめんなさい。彼の名前なの・・」  亜紀は佐和に目礼をしてから、注がれた冷たいレモネードを口に含み話を続け…

忘れ水 幾星霜  第二章 Ⅷ

「はい、好きです。故郷の思い出に咲く花ですから」 「そうですか、アジサイの花言葉は【しっかりした愛情】です。ご存知でしたか?」 「えっ、はい? 無情とか心変わりでは? 知りませんでした」  亜紀は信じられない様子で、北島の顔を直視した。 「一般的にはそうですが、アジサイの花弁はガクであって、本当の花は小さく目立たずに咲いている。四片のガクがその小さく咲く花を、しっかり守っている。それで【しっかり…