ウイルソン金井の創作小説

フィクション、ノンフィクション創作小説。主に短編。恋愛、オカルトなど

創作小説を紹介
 嫌われしもの 遥かな旅 99%の人間から嫌われる生き物が、世界大会に参加する。笑い、涙、ロマンス、親子の絆の物語。
 漂泊の慕情 思いがけない別れの言葉。心意を確かめるために、行方不明の彼を探す。そして、ハワイ島へ。
 忘れ水 幾星霜  偶然の出会いが必然なのか、憧れは恋へ。恋は愛へ。山野の忘れ水のように、密かに流れ着ける愛を求めて・・。
 青き残月(老少不定) ゆうあい教室の広汎性発達障害の浩ちゃん。ひょんな出会いからの交流。そして・・。 
 浸潤の香気 大河内晋介シリーズの第三弾。行きずりの女性。不思議な香りが漂う彼女は? 
 冥府の約束 雨宿りに続く大河内晋介シリーズの第二弾。日本海の砂浜で知り合った若き女性。初秋の一週間だけの命。
 雨宿り 怪奇な夢を見続ける主人公。夢に現れる和服姿の美しい女性。それは不思議な縁から始まるものであった。
 ア・ブルー・ティアズ 入院中の父子が生死の別れ際に触れ合う姿。その様子見た主人公が、自らの父に対する情念を考える。また、夜間の救急病院で起きる生と死のドラマ。

   謂れ無き存在 ⅡⅩⅧ 

「子供を嫌う母親なんていないはず。あなたの幸せを考え、已む無い気持ちで施設へ預けたと思うわ。私が知るあなたのお母さんは、洸輝君と同じに心が優しかった」
《俺は信じない。絶対に信じない。二十五年間も音沙汰が無いじゃないか。たった一度も顔を見せていない。どんなに苦しい生活をしていようが、嫌いでなければ会いに来るはずだ。子は夫婦の鎹。とんでもない、俺は邪魔な存在なんだ。》
 俺は息苦しく、小さな息でさえ難しい。真美が俺の背中を摩る。徐々に酸素が巡り始め、体が安らいで来た。
「洸輝、あなたは生きている。生きて私と会えたのよ。それは、あなたのお母さんが選んだ道なの。謂れの無い存在でなく、私にとって大切な存在なのよ。卑下する必要はないと思うわ」
「そうだよ。洸輝君は私たちの子供になった。時間が掛かりすぎたけど、私たち夫婦の念願が叶った訳だ。私たちは幸せだよ。だから、君も幸せになれるんだ」
 先生の言葉に、俺の冷たくなった心が融解する。特に、真美の言葉と気持ちが、俺の頑なな心に愛の感情を沸騰させた。
「もう帰ろうか、洸輝・・」
「うん、でも待って。実は、先生からこの家に住むことを勧められたんだ」
「え、なんで? 洸輝は私と一緒に住むのよ」
 真美は、突然の話しに不可解な表情を見せる。
「あ~、それはね。彼が生活に困窮して、家賃が無駄な支出と考えたから・・」
「お父さん、心配ないわ。アメリカの信託銀行に、私名義に預けた父のお金が有るの。それに、祖父母の家や土地なども・・」
 俺は、俺なりに考えていることを、真美に告げる
「真美、それは君のお金であって、俺の金ではない」
「いいえ、洸輝は私と結婚するの。だから、・・」
「いや、ちょっと待って! 最後まで聞いてくれ。俺は自分で働き、自分のお金で真美を幸せにする。君のお金は大切なものだ。将来、君のお金が必要になるかも知れないが、今は頼らない考えだ。俺は、自分の存在を認めるためにも、意地でも頑張るよ」
 俯いて静かに聞いていた真美は、小さいがしっかりと頷いた。
「分かったわ。市内に借りている部屋を、私も解約する。そして、ここに住むわ」
《わ~、また始まった。真美の我が儘な解釈が・・》
「ええ、いいわよ。私は喜んでふたりを迎えるわ」
「お母さん、ありがとう。凄い、私の考えって凄い。洸輝も認めるでしょう?」
 俺と先生は、唖然として言葉を失う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。